本番に向けた対策

英検対策やTOEIC対策を行なうスクールでは、テストの数ヶ月から数週間前にテスト本番に向けた特別クラスを実施することがあります。

リーディングやライティング、リスニングやスピーキングなど、テストに必要なスキルを伸ばすように対策を行います。

本番と同じ時間や雰囲気作りを行い、本番をイメージして問題を解くこともあります。
そうすることで、いざ本番となっても緊張せず今までと同じように問題を解くことができます。

特別なテキストを使用

英検対策やTOEIC対策を行なうスクールでは、特別なテキストを使うことがあります。
そのようなテキストには、英検やTOEEICに頻出する単語や文法などが記載されています。
それらを理解し暗記することで、効率良く英検やTOEICのスコアを伸ばすことができます。

また、よく出る問題や間違いの多い問題もテキストで取り扱います。
それらの問題は回答率が低いため、正解できればスコアを伸ばすことができます。

英検やTOEICが始まる前に事前に対策を行なうことで、本番に備えることが可能です。

日本人が講師を務める

英検対策やTOEIC対策の講師は、日本人が務めることがあります。
海外留学経験のあるバイリンガルの日本人講師や、海外で生活をしていた帰国子女や海外で仕事をしていた人が講師を行なうケースもあります。
また、TOEICのスコアが満点の講師がTOEIC対策を行なうスクールも存在します。

同じ日本人だからこそ、日本人にありがちな間違いや考え方についてアドバイスをしてくれます。

そうするこで、英検やTOEICのスコアを伸ばすことができます。

様々なクラス設定

英検対策やTOEIC対策を行っているスクールは、様々なクラスを設定しています。

英検対策の場合だと、一番合格しやすい英語を始めた人向けのクラスもあります。
そこから級ごとにクラス設定が行なわれています。
1級に近づけば近づくほど、内容は難しくなります。
そのため、クラスでの講義内容も難しくなってきます。

TOEICもスコアごとにクラス設定が行なわれています。
上のクラスになればなるほど、講義内容が難しくなります。